film talkfilm
talk

一人の男性を愛した“男と女”──甘くほろ苦い三角関係に世界が絶賛したイスラエル発の物語

#REVIEW
  1. TOP
  2. FILM TALK

若手イスラエル人監督が手がけた繊細で美しい物語

イスラエルのエルサレムに住むオーレンが、妻子を持ちながら出張先のベルリンで別の人と結ばれてしまいます。その相手はケーキ職人の男性トーマス。後日、オーレンが交通事故で亡くなったことを知ったトーマスが、残された妻アナトが経営している自宅のカフェを訪れて素性を明かさずに働き始めるという、ドキドキする物語になっています。

序盤でいきなりオーレンとトーマスが結ばれたり物語はどんどん進んでいくのですが、わりと肝心なシーンが見る者の想像力に委ねる形で削除されています。その省略の仕方がとても美しい! こうした“描かないこと”によって想像力をかき立てるという映画ならではの面白さが、全編に発揮されています。

面白いのは、省略によって想像を膨らませる映像スタイルと、物語の軸となるオーレンが不在という、“ないもの”に頼る手法が微妙にシンクロしていること。

この高度なテクニックが監督の意図によるものか偶然かは分かりませんが、“描かないこと”による感動やドキドキが常にみなぎっていて、あまりにも美しすぎるラストで完結する…。想像に任せた演出に対して見る人たちが感情を委ね、見終わってからもその後味がずっと続くラストシーンをぜひ体験してください。

(映画ジャーナリスト 斉藤博昭)

宗教やセクシュアリティを超越した壮大な人間賛歌

ベルリンのケーキ職人トーマスは、出張でやって来る時の姿しか知らなかった亡き恋人オーレンのことを、彼の故郷エルサレムに訪れることで知っていきます。トーマスはオーレンの母親と会ってまるで息子のように歓迎されるのですが、そうしてオーレンの姿や行動をなぞるうちに、2人の男が1人の人間として一体化していく。こうした一体化がこの作品の肝で、同性愛映画の名作『ブロークバック・マウンテン』のラストシーンにも相通じるベストショットを見ることができます。

一方、物語の舞台となるエルサレムは宗教の戒律が厳しく、異邦人は正業にも就けないという排他的な場所。トーマスはオーレンの亡き妻アナトが経営するカフェのケーキ職人になるも仕事を追われそうになり、アナトも夫のセクシャリティの秘密を知りショックを受けます。

人と人が1つになれる関係性がありながら、宗教やセクシャリティの壁によって遠ざけられてしまうという皮肉は、狭い人間関係の物語でありながら世界共通のテーマでもあります。様々な理由で人と人が隔てられている今の世界に対する、深いメッセージ性が込められた作品です。

(映画ライター 清藤秀人)

movie info

作品名
『彼が愛したケーキ職人』(2017年)
監督
オフィル・ラウル・グレイザー
出演
ティム・カルコフ/サラ・アドラー
公式サイト
http://cakemaker.espace-sarou.com/
2018年12月1日(土)ロードショー

NEW ARRIVAL