film talkfilm
talk

ジェイソン・ステイサムvs.巨大ザメ!200万年前の怪物が深海から甦る

#REVIEW
  1. TOP
  2. FILM TALK

“肉体派スター”ジェイソン・ステイサムのアクション

この作品でジェイソン・ステイサムが演じているのは、海難救助を専門とするレスキューダイバー。マリアナ海溝よりも深い海底に温水地帯があるのでは?と中国で探査チームが動き、やがてその仮設が正しいと証明されます。そこに生息する未知の巨大ザメに襲われた人々を救出するため、ステイサムが駆り出されるというストーリーになっています。

ジェイソン・ステイサムといえば、鍛え上げた肉体をさらけ出してアクションを見せるのが得意な俳優。今回はレスキューダイバーという役柄でウェットスーツを着るのですが、これがまあバンバン脱ぐ!ステイサムのファンにはタマらないですね。

そんな彼と戦う巨大ザメが、こんなの退治できるわけない!というほどサメ映画史上最強クラス。その造形はサメ映画愛好家が見ても意外なものに仕上がっていて、楽しめるのではないでしょうか。

(映画ライター よしひろまさみち)

極限状態の中で丁寧に描かれる人間ドラマ

この作品を見終わった後の第一印象は、非常に正しいサメ映画だな!ということ。かつて『JAWS/ジョーズ』が大ヒットしてから無数のサメ映画が作られましたが、最近のサメ映画はマンガ的な“ありえない”ものが主流に。そんな中、今回の作品は『JAWS/ジョーズ』のように“正しく怖がらせドキドキさせる作品になっています。

海洋研究施設の探査船が海溝で身動きが取れなくなり、そこで全長23mの巨大ザメ“メガロドン”と遭遇します。探査船の乗組員3人を救うために救命艇がドッキングすると、そこへメガロドンがガンガン襲ってくる。

人間たちもかなりの“力技”で対抗して「ありえねー」と思わずにいられませんが、研究施設の人々とジェイソン・ステイサムが演じるレスキューダイバーとの人間ドラマがけっこう丁寧に描かれていて、見ていて突飛な印象を与えません。

主人公のレスキューダイバーは過去に心の傷を負っていて、研究施設内にも海溝の探究に熱心な女性科学者たちがいて、そこにはロマンスも芽生える。

パニック描写とは別に彼らのドラマがしっかり描かれていることで、サメ映画はバカバカしい…という気持ち以上に、登場人物たちに心を持っていかれて、最後まで楽しめます。そうした作りが、約2時間のストーリーをしっかり見させる上手さですね。

(映画ライター 相馬学)

movie info

作品名
『MEG ザ・モンスター』(2018年)
監督
ジョン・タートルトーブ
出演
ジェイソン・ステイサム/リー・ビンビン
公式サイト
https://warnerbros.co.jp/movie/megthemonster/
2018年9月7日(金)ロードショー

NEW ARRIVAL