film talkfilm
talk

アートで世界を挑発!“正体不明の芸術テロリスト”バンクシーを巡る新感覚ドキュメンタリー

#REVIEW
  1. TOP
  2. FILM TALK

世界中に強く訴えかけるメッセージ

この作品のテーマとなるバンクシーというのは、いわゆる覆面路上アーティスト。創作行為自体は非合法なのですが、現代において彼はれっきとした芸術家。パレスチナとイスラエルを分断する巨大な壁にバンクシーが描いた絵を見ようと、多くの人が訪れるという現象を取り上げたドキュメンタリーとなっています。

その中でバンクシーが描いた「ロバと兵士」という絵に対して、ある人種に対する差別ではないかと賛否が分かれます。それでも、バンクシーの絵が描かれたことによって、パレスチナのヨルダンまで本当に多くの人が集まってきて街の経済が潤う。なおかつ、「ロバと兵士」をきっかけにヨルダンでの民族紛争が世界中に知れ渡っていく。そうしたバンクシーがもたらした意義がこの作品には詰まっています。

またタイトルで表されているように、バンクシーが壁に描いた絵があらゆる人々によって盗み出され、数千万円もの値がついていきます。そんな中、「バンクシーのアートはヨルダンの壁に描かれているからこそ価値があるんだ」「壁の持ち主だったら絵を売ったっていいだろ」と論争が起き、いろいろと考えさせられます。

(映画パーソナリティー コトブキツカサ)

バンクシーがもたらす負の側面

欧米のみならず日本でも、バンクシーは唯一無二のアーティストと言われています。その大きな理由が、革命的な行動力。バンクシーはややスター化されている側面がありますが、壁に絵を描かれたパレスチナの地元住民が喜んでいるかというと、そうではない。こうした現実というのは欧米や日本にはなかなか伝わってこず、むしろ聞こえてくるのは「バンクシーがこんなすごいことをやった」というニュースばかり。そうした点を深く掘り下げようと地元住民の声を積極的に拾っているのが、このドキュメンタリーの面白いところです。

マルコ・プロセルピオ監督はイタリア人で、これまでもドキュメンタリーやMTVのクリップを撮影してきた人です。彼が今回の撮影で初めてヨルダンのタクシーに乗った時、バンクシーが壁に描いた絵を切り抜いて売ったという自慢話を運転手から聞かされます。この運転手はバンクシーに対して「偽善者だ」と批判的で、運転手との出会いを通じて監督はドキュメンタリーを進めていきました。ストリートアーティストの根底には、描いた翌日に絵を消されても構わない、いやむしろ消されることを前提に描いているところがあります。そこが彼らにとっての創作コンセプトでもあるのですが、その対極には「素晴らしいアートを後世まで残すべき」という考え方もあり、果たしてどちらが正しいのかと疑問を投げかけてきます。

(映画評論家 立田敦子)

これまでにない視点で展開されるアート系ドキュメンタリー

バンクシーはロンドンを拠点にするイギリス人アーティストで、謎めいた存在でありながらスター。彼が世間から注目を集めた発端はというと、商魂たくましいパレスチナの地元住民たちが、「ロバと兵士」というアートを壁ごと切り抜いて勝手にネットオークションに掛けたこと。でも、元々は非合法的に描かれ“所有の概念”を持たない作品なわけで、「バンクシーの絵は誰の物でもないだろ?」という売る側の理屈は間違ってはいません。

このドキュメンタリーでは数奇な運命を辿る壁画を追うにあたって、ロックミュージシャンのイギー・ポップが司会者のようにナレーションを務め、学者やアーティストなど多くの識者の意見を集めていきます。そして彼らが、所有の概念や著作権についてなど様々な議論を戦わせ、非合法アーティストが有名になることによって権威化されるというジレンマまで浮き彫りにしていくのが面白い! 話の広がり方がとても興味深い“知的興奮系”の映画です。

えてして現代アートを扱うドキュメンタリーは、話がアート界の内部で完結することが多く、アート界のコンテクスト(文脈)を知らない部外者や素人を排除するところがあります。ところがこの作品は、パレスチナという政治問題を抱える土地を舞台にし、そうした素人意見を積極的に取り上げています。本来ストリートアートというのは、貧者ら「声なき者の声」と密接に絡んでいたはずだったのに、現代はそこから乖離してしまっています。そうした問題が浮き彫りになっていて、アート系ドキュメンタリーとして一線を画する視点を得ているのがこの作品ならではです。

(映画ライター 森直人)

movie info

作品名
『バンクシーを盗んだ男』(2018年)
監督
マルコ・プロセルピオ
ナレーション
イギー・ポップ
公式サイト
http://banksy-movie.jp/
2018年8月4日(土)ロードショー